看護師長

スタッフ紹介

看護師長 増田 美香(ますだ みか)

看護師としての仕事のみならず、介護サポートや指導にも勤しむ。厳しくもやさしい、自己の成長を促す指導方針で、自分の経験を後進にフィードバックしている。

看護師になろうと思った動機はなんですか?

母が病気がちで、入退院を繰り返していたので、小さいころからよく病院に行っていました。小さい子供だったので看護師さんたちが優しくしてくれて、自分もそうなりたい、母に何かあったときも守れるんじゃないかと思って、看護師を目指しました。

看護師のキャリアの始まりは病院でしたが、いずれは福祉施設で働きたいと思っていました。老健施設で働いていた経験もあります。病院はお医者さんがいて、そのもとで注射やお薬などの処置を相談する仕事が中心でしたので、施設ではその経験を活かして自分の判断や裁量が重要になってきますので、その分働き甲斐はあるかなと思っています。

看護の仕事をしていてよかったと思えた瞬間

患者さんやご家族から「ありがとう。あなたでよかった。」と言われた時は、感動しました。新人時代には絶対にいわれない言葉ですので、ある程度の経験を積んできて、きちんとした看護ができているのかなと自信にもなりました。

ほかの看護師さんから、ちょっと対応が難しいので…と言われている患者さんでも、自分が行けば話してくれるという場面もいくつかあったので、この仕事が向いているのかなと思ったことはあります。何が良かったのかは、自分ではわからなかったんですけれど。

今の事業所に入ったきっかけは?

3年前に主人の転勤で鹿児島から引っ越してきたのですが、看護師の仕事を探しているときに見つけました。自宅も近くでしたし、その前は老健施設にいて、高齢者から障がい者への違いはありましたが、もともと福祉施設で働きたかったので、ここで頑張ろうと思いました。

一番の違いは、お話が出来ないということです。老健ではおじいちゃんおばあちゃんたちとのおしゃべりも仕事という側面もあり、体が不自由でもおしゃべりで状態を把握することもできていたのですが、ここでは会話のできる利用者さんは数名しかいません。

行動だったり、表情だったりで、何を訴えているのかなというのを、こちらが考えて、もしかすると、それがそぐわないかもしれないけれど、想像するしかないというのが難しいところでしたね。小さいお子さんだと変化も大きいので、少し戸惑いました。

事業所の職場の雰囲気について

スタッフの方たちが明るくて、利用者さんたちと楽しく食事や活動をされていたので、それがいいなと思いました。活動の時間が一番楽しいのですが、やっぱり体力は必要です。

現在の職場での仕事で感じているやりがい

利用者さんの方は、お話はできないですけど、私はケアや看護をする際にも、ずっと会話をしています。どんな話の何が良かったのか、本当のところはわからなくても、活動の時間や帰り際にでも笑顔を見せてくださると、それだけでうれしいですし、やりがいを感じますね。

お母さま方との関わりも大切にしています。関係ができるまでは時間もかかりますし、はじめは、私をどんな人なんだろうと様子を見られているという感じもあり、注意もされていましたが、だんだんと信頼を得て、お迎えに行くと「あなたが居るなら今日は大丈夫ですね」と言われるようになって、ようやく働いていてよかったなと思えるようになりました。

指導・フォロー体制

私と看護主任代理で指導を受け持っています。3カ月間の試用期間は、ほぼダブルチーム体制で、新人スタッフと一緒に業務に入ります。それだけでなく、チェックリストを作って、必要な業務と新人さんのスキル・知識を一致させられるようにしています。日中の業務の中では、忙しくて聞けないことも、1日の振り返りに自分の業務評価ノートをつけてもらっていて、それをもとに次の日の課題を組み立てていくという仕組みです。

担当をしてもらう利用者さんにもそれぞれ障がいの違いや度合いがあるので、最終的に気管切開の利用者さんを看護できるようになるまで、段階を踏んで覚えていただける指導方針を採っています。

一緒に働いていると、看護師さんの仕事もいろいろと行き詰ったり、ストレスがたまってくるのも見ているとわかってきたりするので、そんな時は、「どこで悩まれていますか?」と相談に乗れるように声をかけてフォローできるようにしています。

吸引や注入、人工呼吸器の管理、お薬などの医療的ケアは当然ですが、介護の方の仕事も覚えないといけないので、トレーニング期間を延ばすこともあります。

夜勤は、介護士さんとコンビで入ることが多いのですが、介護スタッフが足りない場合は看護師二人で夜勤に入って、私が介護の方を看るというときもありますね。

障がい者の看護に向いている人、求められる看護師像は?

基本的なことなのですが、優しさが一番ですね。障がい者の尊厳を守っていかないといけないですし、相手の立場になって考えてくれる人がいいですね。

業務に流されていると、初めは難しいかもしれないですけれど、利用者さんの訴えは、ほんの小さい変化で、嬉しいときにはモニターの脈が上がったり、排泄が出たよという表情など、こちらの判断だけではなくて、感情をも予測して対応できるようになると仕事も面白くなってきます。自分にゆとりができると、相手も自分のことを見ているんだなというのが分かってきて、一層コミュニケーションがとりやすくなりますね。

今後は、看護・介護を分けずに、機能別に仕事を組んでいきたいと思っていますので、看護師であっても介護を学んでみたい、介護士でも医療的ケアのトレーニングをしたいという方、双方が、一緒に学びたいという人は、ぜひ一緒に働きたいですね。